MS251_japanpassport_TP_V

キャッシングの利用に必要な準備


保証人や担保は必要なのか

お金を借りる際は担保や保証人が必要になることもあります。
とはいえ、こうした準備はすぐに行なえるものではなく、用意するのにはある程度の時間は必要となります。
それゆえに即日にもお金を用意したいという場合には向いている方法とは言えません。

そこで注目されているの無担保、無保証で利用できるキャッシングの存在です。
安定した収入のある人なら、特に担保や保証人の必要はなく本人の信用で借りることができますので、急いでいるときもすぐに手続きができます。

必要な書類とは

MS251_japanpassport_TP_V

キャッシングは無担保、無保証で利用することができますが、
やはり融資ということには変わりがありませんので、審査は必要です。
そして審査には書類の提出も必要となりますので、まずは準備を行なっておきましょう。

必要な書類は本人であることを確認できる書類です。
この場合は免許証や保険証、パスポートなどが役立ってくれます。
一定額を超える借入をする場合は収入を証明できる書類の提出も必要となりますので、源泉徴収票や確定申告書を用意しておきましょう。

銀行か消費者金融か

手続きを行うには、まずは業者を決めておく必要があります。
キャッシングでは消費者金融もよく利用されていますが、銀行のカードローンも同じように利便性に優れたサービスです。

使い方、申し込み方は同じようになっていますが、総量規制対象であるかそうでないかという違いがあります。
消費者金融の場合は総量規制対象なので、借り入れられる金額は年収の3分の1まで、銀行の場合は対象外ですのでより多くの資金を用意することができます。

手続き方法

業者を選ぶ際は、利息や融資限度額、その他サービス内容はよく確認して選んでいきましょう。
業者を選んだらいよいよ手続きに入りますが、来店の場合は店舗の窓口、自動契約機を利用することとなります。

最近は来店なしで手続きを行う人も増えていますが、この場合はインターネット、電話が郵送があります。
インターネットは24時間365日間対応しており、好きな時間を利用して手続きが行えるのがメリットです。